年齢に合わせて考える退職後の資産運用のポイント

60歳から65歳になると、会社などを退職して年金を主な収入とした生活になる人も増えると思います。

 

 

その場合には各種年金収入を補う意味で、金融資産を上手に運用しながら
退職後の資金も確保することが重要だと思います。

 

 

特に年齢によって最適な資産運用方法があり、70代や80代になった場合には、
少しずつリスクの少ない資産運用にシフトさせることが重要だと言えるのです。

 

 

そこで退職後の最初の時期には、多少のリスクを考えながらも
株式や外国債券などの比率をやや高めにした運用をする場合であっても、
70代に入ったころからは、預貯金や国内の公社債の割合を高める工夫も求められると思います。

 

 

また低金利の現在では、利子配当収入だけでは退職後の資金を確保するのが難しい場合も多いので、
資産運用を行いながらも金融資産を少しずつ取り崩す方法も考えるべきだと言えます。

 

 

資産を取り崩す場合には、ルールを最初に決めることが重要であり、綿密な計画が求められると思います。


トップへ戻る