様々な種類の投資信託を組み合わせた上手な資産運用法

50代からの投資信託

 

年代に関わらず上手に資産運用を行う場合には、投資信託の活用がお勧めです。

 

特に様々な種類の投資信託があるために、上手に組み合わせることで、リスクを減らしながら着実に資産を増やせる運用法を実現できると思います。

 

その場合にポイントとなるのが分散投資であり、投資対象を様々な種類に分散させると同時に、投資する時期を分散させることがポイントだと言えます。

 

このような分散投資を行う場合には、1万円単位からの投資が可能な投資信託の活用がお勧めであり、
少ない金額であっても堅実な運用法が実現できると思います。

 

このような分散投資を念頭に入れた投資信託を使った運用法においては、投資対象の種類別に配分ルールを決めて投資をすることがポイントだと言えます。

 

たとえば全体の半分を国内の株式や公社債を投資対象としたり、残りの半分を国外の株式や公社債を投資対象にするなどの分散が考えられます。

 

また積み立て方式で投資信託を購入することで、時間の面でも分散投資が可能になるのです。


トップへ戻る