50歳からの断捨離について

50歳からの断捨離について

 

「50歳からラクになる 人生の断捨離」という本が出版された影響もあり、50歳になったら断捨離を始めようと考える人が増えているようです。

 

5年ほど前からブームになっている断捨離ですが、なぜ50歳からはじめるのか疑問に思う方も多いでしょう。

 

人生真っ只中だからこそ、今までの無駄を省いて残りの人生を楽しもうという方、あるいは、最近話題になっているエンディングに向けて、人生を整理しようという方が断捨離を始めているようです。

 

どちらにしろ50歳を過ぎると人生も後半にさしかかって、残りの人生をどう過ごそうかと思い始める世代でもあり、それを考えるきっかけとして断捨離を始めるのは妥当な考え方かもしれません。

 

ちなみに断捨離は物だけでなく、つきあっている人間関係や気持ちも入っているそうなので、今までの人生を見直し、後半の人生をより有意義にすごすことを考えても、40代後半、そして50歳以上の方は一度断捨離をおすすめします。

50歳から断捨離をしてみよう

2010年頃から、何かと話題に上がる断捨離ですが、2013年に出版された「50歳からラクになる 人生の断捨離」の反響もあってか50歳になって断捨離を始める人が増加しているようです。

 

もともと断捨離自体は年齢関係なしに行っていいものなのですが、やはり50歳を過ぎると老後の心配だとか残りの人生をどう生きるかなど、他の世代とは違い、人生を見つめ直す世代のためか上記の本もブームになっているようです。

 

断捨離を経験された方ならご存知かと思いますが、断捨離はただ物を捨てるというのだけでなく、今の自分がおかれた人間関係を見直すとも定義づけられています。

 

今まで培ってきた人間関係で今後も続けたい、或いは思い切って縁を切るなど考えるには50歳はちょうどいい年齢のようです。

 

最近は、老後やエンディング活動など充実した人生を終えようという考え方も強くなっています。

 

断捨離を利用して、今後の人生をどう生きるか見つめ直すにはいい機会ではないでしょうか。


トップへ戻る