マイホームの借上げ制度を使い豊かな人生設計を

50代のマイホーム

 

人生最大の買い物をいわれているマイホーム。手に入ったときはとても嬉しくて人生最高の時と感じます。そのマイホームでずっと住み続けられると言うことはないのですが年齢によるライフスタイルの変化でそうもいかないときがあります。

 

しかし1度手に入れたマイホームの売却はあまりにも寂しくまたタイミング的に不利な条件をのまなくてはいけない場合が多いです。また個人的に住宅を貸し出すのはハードルが高く特に高齢にになってからは大変です。

 

そんなときマイホームの借上げ制度を利用すればいろいろな問題を解決することができます。マイホーム借上げ制度は貸し手、借り手双方にメリットが多く負担が少ない制度です。

 

貸し手にとっては安定した家賃収入による生活の充実、またマイホームの修理などもまかなえます。契約期間が3年なのでそのときマイホームへ戻りたければ帰ることもできます。

 

また借り手は礼金、敷金がいらずかなり安い家賃で良質な住宅に住むことができます。大切な財産でもあるマイホーム、借上げ制度を使って効率の良い住宅利用をしていきたいです。

関連情報

トップへ戻る