50代男性が考えるべき年金生活に向けての準備

50代男性、年金は、

 

50代男性の場合には、あと10年程度で定年退職を迎える場合が多いと思います。

 

そこで50代男性も、年金生活に入った場合のライフプランについて考えることが重要であり、その場合には決められた金額で上手に生活する方法を考えることがポイントだと言えます。

 

もちろん定年退職後の再雇用を考えた場合には、年金収入以外にも現金収入が得られる場合もありますが、年金のみの生活や金融資産を取り崩す生活が必要な場合もあります。

 

したがって50代男性の場合には、定年退職までに退職金以外にもしっかりと金融資産を貯蓄すること重要だと言えるのです。

 

特に子供が独立した50代という年代であれば、生活を見直すことでしっかりと貯蓄することは可能であり、定年までに更に1000万円の金融資産を増やすことを目標とするべきだと言えます。

 

特にマネー雑誌の特集記事などで、資産運用について学ぶことで、無理をせずに無駄を省いて上手に資産形成をすることができると思います。

公的年金、個人年金は50代男性の将来を左右する

50代男性が心配するのが将来の生活のことです。

 

50代に入るとセカンドライフのことが気になってきますが、その生活ライフを支える収入源となるのが公的年金です。

 

しかしながら、実情では50代男性が公的年金を多くもらえる可能性は低く、公的年金のみをあてにしても将来の生活は保障されないでしょう。

 

ですから、多くの50代男性は60歳以降も働き続ける意向があることを示しています。

 

幸いにも現在において、60歳以降も継続雇用義務があり、本人が希望すれば働き続けることができます。

 

働いた期間分年金額も増えますので、働くことで収入アップとともに年金増額対策にもなります。

 

また公的年金以外にも個人年金に加入することで、将来のために備えることができます。

 

個人年金を選ぶ際は、パンフレット等を見て複数の保険商品を見比べることが大切になってきます。

 

異なる保険内容だと比較しにくいので、種類別で比較していきましょう。

 

このように個人年金を活用することで、老後資金を確実に準備でき、ライフプランをしっかりたてることができます。


トップへ戻る