ある50代の男性の老後を考えた生活設計

50代男性の生活設計

 

自分の勤務する会社の友人で、50代の男性がいる。

 

彼は独身で、兄弟もなく、いわゆる天涯孤独の状態だ。彼はその境遇を肯定的に受け入れ、自身の老後を考えた生活設計をしている。

 

50代に入ってからでは遅いと考えて、40代の初めに自分の家を手に入れた。

 

男性の立場での華やいだ生活はせず、貯蓄も堅実に実行していた。何とも地味な生活設計であったが、根が真面目な彼には、不平不満など無いように思えた。

 

一度だけ彼の家に招かれたことがあった。

 

男性の一人暮らしとは思えないほど、身綺麗に暮らしていた。

 

友人たちを前に、彼は淡々と自分の想いを語っていた。50代も終わりになるので、これからは本格的に老後に備えたいとも言っていた。そのための生活設計も進行中であるという。

 

自分に何か起こった時、自分が亡くなった時のことまで、彼の中ではシナリオが出来上がっているのだ。

 

男性としては、彼のような人は珍しいと思うが、そこがまた彼らしい生き方であると深く感じる。

年金は50代男性の生活設計に重要

50代になると今の生活と共に老後のことも心配になってきます。

 

そこで、50代男性の生活設計は老後の生活において大変重要になってきます。

 

50代男性がする生活設計として考えておきたいのが、預貯金をこつこつと溜めることだけではなく、個人年金を持つということです。

 

利率は若干少ないですが、個人年金の保険料は所得税や住民税控除の対象になります。

 

また、契約期間中に高度の障害を持ったりした場合には、保険料払込免除や死亡時には支払った保険金が全額給付金として支払われる保証があります。

 

個人年金加入に当たっては、保険会社が破産した場合でも保険契約の支払いを優先してくれる会社を選ぶことが大事になってきます。

 

また50代男性の生活設計の大事な点として将来もらえる年金推定額を早めに知っておくことです。

 

これは日本年金機構のホームページで計算することができます。

 

この年金の額をしっかりと知ることで、早めに余裕のあるセカンドライフを送ることができるように準備できます。

 

50代男性の生活設計、今後を考える〜

50代の男性達

 

<老後の暮らしを見据えた、資金作り>

 

年金の支給開始年齢が65歳に引き上げられ、
内心焦りがぬぐえないという50代男性の方は多いのではないかと思います。

 

昭和36年4月2日以降に生まれた男性は、65歳より年金支給が始まります。

 

高年齢者雇用安定法の改正によって、
60歳をもって定年としていた企業も年金受給開始の引き延ばしにより、
下記三つの措置のいずれかをとることが義務付けられました。

 

一つめは雇用者が65歳になるまでに、継続雇用制度を導入することです。

 

二つめは、定年を65歳にまで引き伸ばすことです。

 

三つめは、定年制を廃止することです。

 

大半の企業は継続雇用制度を導入したところが多いのではないかと思います。

 

ただし継続雇用制度については導入さえ行ってしまえば、後は雇用を継続するかどうか、
契約更新するかどうかの判断は事業主の自由となります。

 

定年まで勤めあげた会社を疑う訳ではありませんが、
やはり60歳から65歳までの間の生活資金は50代のうちに準備しておくのがよいでしょう。

 

生活資金の準備については、預貯金はもちろんのこと、考えておきたいのが保険会社の個人年金です。

 

保険会社や契約内容によっても利回りは異なりますが、およそ0.4から0.8パーセントの利率のところが多いようです。

 

利率としては若干少ないようにも思いますが、個人年金の保険料は所得税や住民税控除の対象になります。

 

また契約期間中に高度障害状態になった場合には保険料払い込みが免除され、
死亡時には支払保険金が全額給付金として支払われるなどの保障がついています。

 

老後資金を安心かつ確実に用意するという意味では、個人年金は魅力のある金融商品といえるでしょう。

 

なお個人年金加入にあたっては、保険会社の格付けは要チェック項目です。

 

万が一保険会社が破産しても、保険契約の支払いを優先してくれる会社を選ぶのがベストです。

 

総務省データによると老後の無職世帯の、月平均支出額は25万円前後とか。

 

年金受給前だけに関わらず、年金生活後についても生活資金は確実に準備しておくことが、
50代男性のライフプランの根幹とも言えそうです。


トップへ戻る