50代なら住宅ローンの繰り上げ返済や借り換えのタイミングです

50代なら住宅ローンの繰り上げ返済や借り換えのタイミング

50代なら住宅ローンの繰り上げ返済や借り換えのタイミングです

住宅ローンの繰り上げ返済

 

50代ともなれば子育てが終わり、老後に向かって進む時期となるため、最後にお金を貯めるチャンスとも言えます。当初借りていた時代から数十年が経過した今なら、住宅ローンの条件も大きく変わっていて、返済額の軽減を目的に再び検討するのに丁度良い時期となります。

 

年齢を重ねるごとに病気へのリスクや死亡してしまうリスク、あるいは会社を辞めなければいけないような状況が発生することもあり、子供に少しでも財産を残して負担をかけないためにも繰り上げ返済という方法を考えることもできます。

 

完済してしまえば借金を遺産にしてしまうこともなくなり、残り十数年の利息からも開放されるようになります。繰り上げ返済ができない場合でも、借り換えで金利を引き下げることができないか検討するのも良いでしょう。

 

借り換えをしなくても、検討をしていると伝えれば、現在利用している住宅ローンで引き下げをしてくれるところもあるかもしれませんし、できなくても別の金融機関で借り換えするという選択肢は残ります。

 

金利は数パーセントでも借入している額が額なので、かなりの違いが出るようになります。子育てが終わった後なので、借入を行った当初より余裕があることも多く、返済額を増やして期間を短縮させるということも考えられます。

 

年金による暮らしだけでは安定せず、医療費などの老後の資金も貯めておかなくてはならないので、返済できるものは返済してしまい、金利が少しでも軽減できるのであれば早めに実行しておくのも大切です。

関連情報

関連ページ


トップへ戻る