50代ならマイホームや住まいを見直すに良い時期ですね

50代ならマイホームを見直すに良い時期

50代ならマイホームや住まいを見直すに良い時期ですね

50代ならマイホームを見直すに良い時期

 

50代になると、人生の半分を過ぎていよいよ下り坂という感じになります。子供がいれば、子供が18歳から20歳、あるいはそれ以上の年齢になっていることも多く、養育費にもお金がかからなくなってきます。

 

大学卒業ぐらいの年齢になっていたとすれば、すでに実家を出ていってしまっているかもしれません。子供部屋も空きが出ており、無駄に空いてしまっている部屋もあるはずです。

 

また、一戸建て住宅を購入したのも30代ぐらいですので、築年数も20年前後になっている可能性が高いわけです。つまり、50代になるとマイホームや住まいを見直すのに良い時期と言えます。

 

では、50代で一戸建て住宅のどこを見直すべきでしょうか。まず、住宅自体がかなり劣化している可能性がありますのであらゆる部分でリフォームをする必要があります。

 

この点、一戸建て住宅は建て直しをしたほうが良いという意見もあります。確かに、あらゆる部分が劣化しているとすれば建て直しを考えたほうがいいという意見は決して間違いではありません。

 

いまから30年ぐらい前であれば建て直しをする人が多くいたのも事実です。

 

しかし、建て直しを頻繁にしていた時代は住宅の耐用年数が短い時であり、現代のような造りの一戸建て住宅であれば躯体自体がだいぶ先まで使えますので建て直しをするよりもリフォームをしたほうが安くなりますし、何より環境に優しいのです。

 

リフォームをする場合には、減築を一緒に考えてもいいかもしれません。

関連情報

関連ページ


トップへ戻る