リバースモーゲージ 制度

リバースモーゲージ制度

リバースモーゲージ制度は今後注目されていくと思います。

リバースモーゲージ制度

 

リバースモーゲージ制度とは、自分の家を担保に金融機関から年金を借金という形でもらうシステムである。「モーゲージ」とは、一般に抵当権や担保のことを指す。

 

住宅を担保に取る住宅ローンの場合では、最初に多額の借入をしてすこしずつ返済をしていくことになる。一方で、リバースモーゲージ制度では、少しずつ借入をしていくため、だんだん借入が増えていくことになる。

 

そのため、不動産担保をつける住宅ローンとは「リバース」すなわち「逆」ということなのである。リバースモーゲージ制度のメリットとしては、住宅は保有しているが生活資金が欲しいという人は、住宅を売ることなく、生活資金を手にすることができる。

 

借り入れた金額は、死亡時に住宅にて返済するか、相続人に引き継がれるわけである。日本では、自治体や信託銀行で扱われている。

 

まだ馴染みのない制度であるが、高齢者が増える今後は、リバースモーゲージ制度の活用も増えてくるものと思われる。

関連情報


トップへ戻る