50代男性 セカンドライフ 住まい

50代からのセカンドライフの住まい

50代男性のセカンドライフとしての住まいを考える

50代からのセカンドライフの住まい

 

50代男性のセカンドライフとは、例えばサラリーマンであれば、定年後どうすると云った、より具体的な人生の検討事項になるであろう。

 

その中で住まいは大きな検討ポイントになる。例えば、田舎で野菜作りをしようと、セカンドライフの中核に据える場合、住まいは必然的に郊外になるであろう。

 

50代男性であれば、住まいとしては便利なマンションを都会に保有するケースもあり、郊外に住まいを持つことの配偶者の了解を得るのは、かなり難しいことかもしれない。

 

何故ならば、配偶者には友人が都会に多数あり、それを失うのはとても耐えられないからである。

 

一方、50代男性の多くは、都会生活に疲弊して、田舎に戻り、自分のセカンドライフとして人生をやり直したいとの思いが強いので、住まいの在り方を極めて妥協点が生まれない事項となるであろう。

 

しかしながら、おとこやもめの人生では味気ないに違いない。出来れば、辛抱強く説得を繰り返し、共に一緒に田舎暮らしが出来たら良いと思う。

関連情報


トップへ戻る