中年男性にも起こる更年期障害

中年男性にも起こる更年期障害

中年男性にも起こる更年期障害

中年男性にも起こる更年期障害

 

イライラや食欲不振などといったうつのような症状が見られる更年期障害ですが、実はこれは女性だけのものではなく最近は中年男性にも多くなっているんです。

 

40代前後の中年男性も気をつけたい「男性更年期障害」について少し見ていくことにしましょう。

 

まずは男性更年期というものについてですが、40代以降の中年世代に多い症状で、男性ホルモンの量が低下することによって精神的なストレスなどの影響がさまざまな部分にでてきます。

 

女性と比べるとホルモンの減少がややゆるやかなので症状が現れにくく、なかなか診断もつきにくいという厄介な特徴があります。

 

最近では男性更年期の外来を設けている病院も多くなっていますので、気になる症状が表れた方は一度病院を受診してみるといいかもしれません。

 

先程も言ったようになかなか医師であっても診断のつきにくいものですので、診断結果が腑に落ちないものであった場合はセカンドオピニオンも考えるといいですね。

男性更年期に中年男性は気をつけよう

女性と同じく中年男性にも見られる更年期障害ですが、主にどのような特徴があるのかをまとめてみましたので、気になった方は病院での受診を検討してみましょう。

 

中年の方に多く見られる男性更年期の特徴は大きく2つに分けられます。

 

それが精神症状と自律神経失調症状なのですが、前者の場合は鬱々とした心境や無気力、疲れやすさ、情緒不安定、記憶力や集中力の低下、睡眠障害などが挙げられます。

 

精神症状は本人も周りも今までとの違いを比較的感じやすいものが多いですね。

 

厄介なのは自律神経失調症状で、こちらの症状は身体の火照り、肩こり、冷えや急な発汗、頭痛、目眩などと普通の体調不良として片付けられてしまうことが多いのです。

 

中年男性は気をつけたい男性更年期。

 

上に並べたような症状をいくつか感じるようだったり、最近続いている、というような場合は早めに専門の外来で検査をしてもらってください。

 

放っておくことだけはしないように、気をつけたいですね。


トップへ戻る