増えている中年男性のうつについて

増えている中年男性のうつについて

増えている中年男性のうつについて

中年男性のうつ

 

最近、働き盛りである40〜50代の中年男性のうつが増えていることをご存知ですか?

 

職場環境の厳しさや対人関係のストレスなど、中年男性がうつを発症する原因というのは考えてみればたくさんあるものです。

 

そんな、中年男性に増えているうつのサインというのはたとえばどんなものがあるのでしょうか。

 

分かりやすいものとしては「イライラする」、「食欲がなくなる」、「元気がなくなる」、といったもので、自覚としてはいつも頭がぼんやりとしている状態が続きます。

 

ネガティブな発想、常に身体に倦怠感がある、といったものを大きなサインですね。

 

こういったものを見逃して後で大事になってしまわないように、家族の方も自分自身も中年男性のうつに対する知識を持ち、しっかりとチェックしたいものですね。

 

本人が不眠やだるさを感じるような事が続いたり、そんな気配が旦那や父親に感じられるようであれば、一度病院で医師に診てもらうことをオススメします。

 

中年男性のうつの治療方法

さまざまなストレスに揉まれながら働いてる中年世代の男性のうつというのが、最近になってとても多くなっているのだそうです。

 

主な症状は食欲不振や不眠、全身の怠さや疲れ安さなどがあります。
こういった中年男性のうつの治療は、どのように行われるのでしょうか?

 

中年男性、つまり広く見て30〜50代の方のうつ治療は休養と薬物療法が基本です。

 

長期の休養は困る、という休養に抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、「自分は病気なのだから仕方がない」という許容が治療の第一歩です。

 

そして無理をしたり我慢をしたりは治療の一番の妨げになってしまいます。

 

薬物療法はうつの症状がなくなってからも1年間ほど続ける、長期の治療になります。

 

再発の可能性も高く、症状がなくなってきたときが一番危ないとよく言われる病気ですので、治療は気長に行うことが大切なのです。

 

また、本人の意思や家族の協力も大事なポイント。
しっかりと意識しておきたいですね。


トップへ戻る