50代男性の筋トレブーム

50代男性の筋トレ

50代男性の筋トレブーム

一般的に40歳を過ぎると、老化現象が始まると言われますが、男性の方にとっては、若い時に鍛えた筋肉が衰えて脂肪になるのは耐え難いものがあるようです。それとは反対にシニアと言われる世代になってもムキムキの筋肉を維持している方、50代をすぎてから筋肉を鍛えてボディビルダーとして活躍している方もいるほどです。

 

50代になるとかなりの割合で筋肉の衰えを感じる方も多く、筋トレを始める男性の方も少なくないようです。若い時に鍛えた体を維持するだけでなく、体力を落とさない目的で筋トレを始める方が50代ではほとんどのようです。

 

では、筋トレでどのように筋力をつけたらいいのかというと、腹筋やダンベルなどの筋力アップのため無酸素トレーニングといわれるものとジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を組み合わせて行うのが効果があるようです。なかなかきっかけがつかめず始められない方も多いようですが、男性とはいえ年齢が高くなるにつれて体の負担も大きくなるそうなので、簡単な運動からでも少しずつ始めたほうがよさそうですね。

50代男性!筋トレをはじめてみよう

お笑い芸人オードリーの春日 俊彰さんの影響もあり、ボティービルダーブームと言うわけではありませんが、世代が高くなるにつれて男性の筋トレが流行っているようです。ただ、50代になって筋トレを始めてもぷよぷよの脂肪が筋肉にかわるのだろうかと疑問をお持ちの男性の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

専門家の話によると、50代から筋トレを始めてもジムなどで正しい指導トレーニングを受ければムキムキの筋肉マンも夢ではないとのことです。ただ、気をつけていただきたいのは、やはり50代ともなると少なからず老化現象が始まっているので、無理をしたり自己流でするとかえって体を痛める恐れがあるので、きちんと指導を受けることが大切なようです。

 

最近はブームを受けて、50代以上のミドルシニア世代向けの筋トレ教室など気軽に始められるトレーニングコースもあるようですから、筋力アップにつなげたい男性の方は思い切って始めてみるのもおすすめです。

関連情報

トップへ戻る