50代男性の薄毛とハゲ 原因と対策

50代男性の薄毛とハゲ 原因と対策

50代男性の薄毛の原因と対策

50代男性のハゲ

 

AGA(男性型脱毛症)は、一般的には40代を過ぎたぐらいから始まりますが、早い人では20代から悩んでいる人もいます。

 

50代男性ともなれば薄毛に悩んでいる人はかなり多くなり、男性ホルモンが、髪の毛を成長させる毛母細胞を邪魔するため、成長しきらないうちに抜けてしまうことが原因と言われています。

 

対策としては発毛外来を受診し、薬の内服を継続することが一番の予防法ですが、治療には高額の費用を要します。市販の育毛剤の使用とマッサージの継続が、お手軽な予防法になります。

 

50代男性は若いころと違い、身体の代謝機能も低下し始めていますので、脂っこい食事、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣を改善することで、頭皮の血流が増加し薄毛予防に効果があるとも言われています。

50代になると薄毛が気になりだす男性陣

男性は50代になると仕事も落ち着いて、役職も安定してくる年齢となり、肉体的疲れよりも精神面での疲れが非常に増えて来ます。精神的ダメージによる髪の毛が抜け落ちる現象が現れやすい時期でもあり薄毛になって行く人も多くなります。

 

生活習慣が悪い事も影響の一つです。仕事が終わった後に必ずと言っていいほどアルコールの摂取をする事も悪影響の一つです。

 

自覚した薄毛を隠すために育毛剤や養毛剤などを使ってみたり、髪型を変化させるなど、薄毛の予防に熱心になってきます。気になりだした時には、すでに薄毛になっている状態なので、髪の毛や髪型の話、美容院や床屋の話になると気まずくなっていきます。

 

白髪が増える分には貫禄が付きますが、薄毛は隠せなくなるので気になるのです。

50代男性のハゲって手遅れ!?

年齢を重ねるにつれて、男性の髪の毛というのは薄くなってきますが、努力次第で改善することはできます。

 

では既に進行が50代のハゲはどうなのかというと、かなり厳しいところがありますが原因を取り除くことで、現在のハゲている状態がさらに進行することは防げます。ただし、すでに毛根が死滅している部分は再び髪の毛が生えることはありません。

 

そもそも、なんでハゲが出来てしまうのかというと、50代では男性ホルモンが原因となるAGA,そしてストレスが考えられます。

 

AGAは男性ホルモンの働きを抑える育毛剤や薬をつかったり食生活や睡眠などの生活習慣を見直すことで、改善していくことはできます。ストレスに関しては、日常生活でストレスとなる原因を取り除き、十分に休息をとることで解消していくことが効果的です。

会社内の50代男性社員のためのハゲ対策

自分が勤務する建設会社は50代男性が大半を占めている。その多くが、薄毛に悩んでいる。年齢は高くともハゲになるのはご免だ。誰もがそう思っている。

 

その50代男性のためのハゲにならない対策としてユニークな方法が導入された。ハゲの原因は、遺伝的要素もあるが、頭が蒸れることも一因である。

 

職業柄ヘルメットの着用が多い50代男性の社員たちも、その危険性が多い。そこで、暑い時のヘルメット着用時には、冷感パッドを着用する様会社として呼びかけた。

 

頭を蒸らさない対策であるが、薄毛の進行にストップがかかるかは、まだ結果が出ていない。しかし、夏の暑い場所での作業で、冷感パッドを使用することは、社員全員に好評で、殆ど全員が実行している。

 

ハゲ対策が夏の熱中症予防にも役立っているようだ。暑い時期での作業もかなり楽になり、周りの企業でも真似する作業所が出てきた。今年の夏も猛暑になりそうなので、冷感パッドは大活躍するであろう。


トップへ戻る