50代男性の恋愛観を考察する

50代男性 の恋愛観

 

昔、日経新聞に失楽園が掲載され、世のサラリーマン男性の熱狂的な声援を受けたのは記憶に新しい。小説の主人公は50代男性であり、30代女性との大恋愛がそのメインストーリーだ。

 

主人公は50代の出世街道から外された男性で、その悲しさを恋愛で償ってゆこうとするのだ。考えれば、50代とはサラリーマンであれば、人生上がりのタイミングであり、成功に至る確率は極めて低い。

 

大なり小なり、50代の男性は人生に疲弊し、黄昏時の哀しさを心に秘めているものである。そうした男性の前に美しい女性が出現すれば、それはそれにもう一度情熱を注ぐのは至極当たり前の行動にも見える。

 

恋する女性は綺麗だと云われるが、恋愛する50代男性もなかなか輝かしいものである。何も人生は会社の肩書ばかりではない。若い女性と恋愛する気力や能力が残っていることと人生をまだまだ捨てていないとの証明にもなるからだ。

 

考えれば、20代には無い余裕がある。四十代に感じられる所帯感が無い。50代こそ大いに恋愛にチャレンジしたい。

関連情報

トップへ戻る