50代男性の仕事|セクシーでダンディーな50代男性【セクダン】記事一覧

50代男性でも、再就職が問題ないのは医師免許くらいの資格をもった人や、その業界を知り尽くしたような人、起業できるような力をもった人でしょう。その業界の情報なら使えるぞと判断されたら、再就職は年齢など関係なく採用されます。リストラなどで仕事を失った50代男性の場合、一番の再就職の問題点は、以前の会社の待遇や仕事内容と比較してしまうから、まず履歴書を出せる会社が少なくなるという点があります。また、単な...

会社人間よりも個人主義で自分の人生を楽しみたいと考える方が増えています。特に定年退職を控えた50代では、早期退職制度を利用して、早めに第二の人生を歩む人も多いようです。一昔前だと早期退職制度はいわゆるリストラの一政策で、イメージもよくありませんでしたが、終身雇用制度がなくなりつつある現代では定年退職まで会社勤務に固執する方も少なくなり、もっと自分の人生を充実させるために欧米諸国のように早く引退した...

50代の中高年齢者の再就職先が見つかりにくく、就職難であることが日本の社会問題となっています。年齢制限は撤廃されたとはいえ、一般企業は年齢にこだわって採用を決めるところが多く、給与が少なく、仕事の覚えが早い若者を雇うケースが多いです。一般的に就職の探し方としては、ほとんどの50代は、ハローワークでの紹介がほとんどだと思われます。しかし、なかなかハローワークでの紹介を介してでも就職には至らないケース...

50代などあらゆる失業予定者に対して、国が就職や転職など支援する転職支援サービスとして、国の求職支援制度という制度があります。この制度は、失業した時に再就職を目指すための職業訓練を設ける制度でありまして、失業給付のない失業者に関しましては一定の給付金がもらえる制度であります。その他に、自分が転職を考えていて、会社を退職して、求職支援制度を受ける活用法もいます。50代の失業者の再就職が厳しい中、企業...

日本の一般企業の現状の雇用制度では、一般に60歳から65歳までを定年と定めています。つまり、一般企業が定年制を定めているので、それ以上の高齢者は労働できない規定であります。日本の将来の年金がもらえるかどうかの不安もある中で、年金に頼らず、健康で働ける65歳以上の高齢者を雇う定年後再雇用制度に関しては私は大賛成であります。定年後再雇用制度の導入により、日本の国から出る年金の額は削減され、65歳以上の...

50代以上の求人案件を一般の転職サイトや人材バンクでは数が限られており、書類審査や面接を経て採用に至る人はほんの一握りだと思います。求人募集に応募しても、書類審査だけで門前払いなどということも珍しくないようです。しかし、そんな50代転職の厳しい状況を打開する方法がないわけではありません。それは資格です。50代といえばこれまでの社会人としての経験は大きな武器ですが、求人募集の応募となるとそれまで実績...

あなたは、今の職場や職場環境に対して、なにか大きな不満をお持ちではないでしょうか。もしも、あなたが、現在働いている会社や企業にたいしての不満があれば、ぜひ、あなた自身が独立起業することをおすすめいたします。また、あなたが現在50代である。あるいは、もうすぐ50代になるというかたでもぜひ独立起業をあきらめないでください。なぜならば、50代で、あなたがもしも、独立起業をしたとしても、それは決して遅くは...

トップへ戻る