早期退職制度で有意義な人生を

早期退職制度

早期退職制度で有意義な人生を

早期退職制度

 

会社人間よりも個人主義で自分の人生を楽しみたいと考える方が増えています。特に定年退職を控えた50代では、早期退職制度を利用して、早めに第二の人生を歩む人も多いようです。

 

一昔前だと早期退職制度はいわゆるリストラの一政策で、イメージもよくありませんでしたが、終身雇用制度がなくなりつつある現代では定年退職まで会社勤務に固執する方も少なくなり、もっと自分の人生を充実させるために欧米諸国のように早く引退したいという考え方の人も増加しているようです。

 

とは言っても、子供たちが進学でお金のかかる時期であったり、住宅ローンなど金銭面に問題を抱えている方はなかなか一歩を進められないのではないでしょうか。

 

早期退職制度を検討されている方は、まず退職した後に住宅ローンなどや子供の教育資金、生活費などの支払い目処が立つかどうかを考慮した方が賢明です。

 

転職する場合は早く転職先がみつかるかどうかによっても退職したあとの人生の充実度が変わってくるようなので、きちんと計画を立てて早期退職制度を利用するか検討した方が良さそうです。

 

早期退職制度の利用

少し会社の業績が悪くなると実施されるリストラ。業績が悪くなくても実施する会社も増えているようでリストラが珍しいものではなくなってきました。リストラというとイメージがよくないのもあり早期退職制度という言葉も最近よく使われるようになりました。

 

50歳を過ぎると定年退職も目に見えてくる年齢ですが、それよりもはやく止められる退職制度。

 

早めに第二の人生を歩みたい、実はやり残した夢があったもののさまざまな理由で実現がまだという思いがある方の中には、早期退職制度を利用して早めに退職に踏み切る方も多いようです。

 

ただ、ポイントになるのは退職金の金額と再就職の目処のようです。

 

特に、住宅ローンが残っている方、退職する時に子供がこれから高校、大学進学を控えている方は、退職金でそれらプラス当面の生活費がまかなえるか、そして再就職がすぐできるかどうかも早期退職制度で得た退職金を有効に使えるかどうかのポイントにもなります。

 

その辺りを慎重に考えてから、早期退職制度を検討した方がいいですね。

関連情報

トップへ戻る