50代男性の再就職・転職の問題点 

50代男性の再就職・転職の問題点

50代男性にとって再就職の問題点はコレでしょう

50代男性でも、再就職が問題ないのは医師免許くらいの資格をもった人や、その業界を知り尽くしたような人、起業できるような力をもった人でしょう。その業界の情報なら使えるぞと判断されたら、再就職は年齢など関係なく採用されます。

 

リストラなどで仕事を失った50代男性の場合、一番の再就職の問題点は、以前の会社の待遇や仕事内容と比較してしまうから、まず履歴書を出せる会社が少なくなるという点があります。

 

転職 50代男性

 

また、単なる部長職とか課長職という管理職は、その会社にとって意味があっても、再就職先活動中のアピールポイントになりません即戦力になりえるかどうかが難しいところなのだと思います。

 

さらに問題点は、本人の能力をどこに活かせるかを探すのが大変難しいことです。おそらくハローワークなどでは見つからないです。採用側にとって、頭も固くなってきている50代男性より30代までのほうが扱いやすい場合もあります。

 

余程の縁故からないと再就職先は見つかりにくいと思われます。仕事のやり方などほとんど固まっているこの世代を採用しようかと考えてくれる会社はかなり少ないでしょう。

 

これらの問題点をふまえての再就職活動は妥協もかなり必要になるかもしれません。

関連情報

トップへ戻る