資格取得で50代からの転職を有利にする

資格を取得しよう

 

50代以上の求人案件を一般の転職サイトや人材バンクでは数が限られており、書類審査や面接を経て採用に至る人はほんの一握りだと思います。求人募集に応募しても、書類審査だけで門前払いなどということも珍しくないようです。

 

しかし、そんな50代転職の厳しい状況を打開する方法がないわけではありません。それは資格です。

 

50代といえばこれまでの社会人としての経験は大きな武器ですが、求人募集の応募となるとそれまで実績や成果が即座に見てとれるものではありません。その点、持っている資格はその人の持っている技能や能力の判定に役立ち、合否が決まることもあります。

 

求人では資格を提示すればある程度その人のスキルを会社側が判断し易くなります。資格によっては資格取得するためにに実務を必要とする場合もあります。

 

そうなると、資格に技術が裏打ちされたことになるので、50代からの転職の可能性を大きくしていきます。資格取得をすれば、50代からの転職や再就職が必ず成功するというわけではありませんが、何もない人よりは応募する際の選択肢は広がります。

 

まずは能力として無理なくできる範囲の資格取得から始めるのがよいでしょう。

関連情報

簿記

マンション管理士

行政書士

司法試験

税理士

トップへ戻る