高齢化社会による年金に頼らない定年後再雇用制度

定年後再雇用制度

 

日本の一般企業の現状の雇用制度では、一般に60歳から65歳までを定年と定めています。つまり、一般企業が定年制を定めているので、それ以上の高齢者は労働できない規定であります。

 

日本の将来の年金がもらえるかどうかの不安もある中で、年金に頼らず、健康で働ける65歳以上の高齢者を雇う定年後再雇用制度に関しては私は大賛成であります。

 

定年後再雇用制度の導入により、日本の国から出る年金の額は削減され、65歳以上の高齢者がその企業で所得を得ることになり、税収も増えて、日本経済の活性化につながります。一番のメリットは、高齢者が今までに培った仕事のノウハウなどを、その企業で働く若者に伝えることができることであります。

 

日本の高齢化社会で、日本の年金が財政をさらに圧迫していくは間違いないので、将来にわたって、定年後再雇用制度を各企業は前向きに検討していくのは当然のことだと思います。

 

そもそも、将来の日本は高齢社会なので、その制度は避けて通れません。

関連情報

トップへ戻る